オススメの包茎治療について

オススメの包茎治療について

オススメの包茎治療について書きたいと思います。はっきりいって、包茎は男性としてはきもちのいいものではないと思います。

 

もう、これは女性に馬鹿にされるというか、どん引きされるレベルだと思ってもいいぐらいだと思います。

 

はっきりいって治療法は、手術が一番手っ取り早く簡単だと思います。

 

手術といっても怖がることはありませんし、1日で終わりますので自分の家から遠いところのクリニックを選んで行って下さい。

 

私も実は、包茎でしたが手術を受けて、すぐに終わりました。

 

クリニックの受付は女性が多いんですが、実は包茎のクリニックの受付は男性が多いです。

 

私がいったクリニックの受付も男性の方でとてもよかったと思います。こういう小さい心配りができるクリニックは大変ありがたいと思います。

 

また、人に自分の性器をみせるのは恥ずかしいと思いますが、お医者さんもなれたもので別に何の感情もふくまず見てくれますのでまったく気にする必要はないと思います。

 

もう、これは色々な迷信的な治療法が巷にあふれていますが、そんな面倒くさい事をせずに専門家に任すのが一番だと思います。

 

料金も5万から30万円と色々ありますが、自分の財布と相談しつつクリニックを選んで欲しいと思います。

 

ちなみに私が行ったクリニックは、全部で7万円でやってくれました。

包茎治療で前を隠さず銭湯に入れる気持ち良さを実感しています

 

普段二日に一回、私の住んでいるアパートの近くにある銭湯で体を清めています。

 

常連なので、毎日入浴場で股間をタオルで隠す行為が嫌で堪りませんでした。

 

なぜなら以前の私は包茎だったからです。

 

 

 

私が目にする男性の人たちは皆、皮が剥けている状態で立派でした。

 

大の字になってお風呂に入っている人を見て私もあのように恥ずかしい気持ちをせず堂々とした態度で銭湯に入れたならなあ、とその当時から思っていました。

 

転機が訪れたのは、そんな自分の秘部に対しての淡い願望がふつふつと湧き上がって来た頃でした。

 

銭湯で常連の顔見知りの人が私が挙動不審だったのを見かねて尋ねてきたのです。

 

なぜ股間にいつまでも隠そうとしているのか疑問に思ったのでしょう。

 

私はその疑問に答えられないままその場を後にしました。

 

次の日以来私はその銭湯に行くことが恥ずかしくて出来ませんでした。

 

自分の包茎が生活の障害になると認識してから、包茎治療に興味を持ち始めました。

 

そして包茎治療をすれば、またいつもの生活に戻れる、そう希望を持ち私は包茎治療をしたのです。

 

 

 

治療1ヵ月後、そこには堂々とした姿で前を隠さず銭湯で歩く私がいることが出来たのです。

 

前に尋ねて来た人と普通に世間話をすることまで容易となりました。

 

まだ銭湯で大の字で湯に浸かることは成し遂げていませんが、それでもいつか実行できる自身があります。

 

包茎治療は私の性格を明るくしてくれました。

 

この包茎治療に私はとても感謝しています。

包茎治療は恥ずかしいが適切な治療を受けましょう

 

包茎治療として一般的なのは、手術です。

 

日帰り手術で、数回の通院のみなので、お金に余裕のある人や、早く治療したいという人には手術がオススメですが、仮性包茎であれば、自力で治療する事も出来ますので、病院が嫌という人は、自力で包皮をむぐと良いでしょう。

 

とはいっても、自力で皮をむぐというのは、毎日少しずつ継続して行う必要があるので、日々痛みを味わうという事ですし、必ずしも成功すると言うわけではないので、全て自己責任で行ってください。

 

真性やカントン包茎の場合は、自力では治療は難しいので、美容整形外科などで診察を受け、適切な治療を受けたほうが良いです。

 

この二つの包茎に関しては、放置していれば自然と治るというものではありませんし、放置すると恥垢がたまって不衛生な環境になり、ニオイもきつくなってきます。

 

包茎に悩んでいるけど、恥ずかしいから病院に行きたくない、という思いは強いかと思いますが、ずっと悩み続けるより勇気を出して病院に行くことをオススメします。

 

包茎治療に強い病院であれば、医者も何人もの治療をしているので、特別変に思われる事はありませんし、気を使って男性のみのスタッフのところもありますので、色々と調べて、適切な包茎治療を受けてください。

包茎治療と包茎の種類

 

多くの男性にとって包茎であると言う事がコンプレックスになっているという人が多いです。

 

包茎治療の方法は色々ありますが、包茎の種類によって治療方法は変わってきます。

 

仮性包茎、真性包茎、カントン包茎の3種類があり、自分の手で皮がむけるのは仮性包茎で、それ以外の二つは専門の治療を受けた方が良いです。

 

包茎治療の方法で一番手っ取り早いのは包茎手術です。

 

病院やクリニックで手術してもらう事になり、それなりにお金は必要になりますが、日帰り手術で、数回通院するだけで良いので、早期に包茎から解放されます。

 

自力で皮をむく場合は、一気に剥くのではなく、毎日少しずつ清潔な手で剥いていく必要があり、痛みも生じるので、忍耐が必要です。

 

不衛生な環境で皮を剥くと、炎症を起こしたりすることがありますので、くれぐれも気をつけて行ってください。

 

包茎治療は他人に恥ずかしい部分を見せなければいけないので、抵抗感がある人が多いですが、診察する側もプロで何人も治療をしているわけですし、恥ずかしいのであれば、少し遠い病院で診察を受ければ良いので、悩んでいる人は、治療を受ける事をオススメします。

 

包茎に悩んでいるのであれば自分の包茎の種類を見極め、仮性以外は自力で治療は難しいので、病院に行きましょう。

抜糸をしないタイプの包茎治療

 

最近では、様々なタイプの包茎治療というものが実際に行われています。

 

いままではいろいろな不安がある手術だったと思います。

 

しかし、そういったものがだいぶなくなってきていると言っても過言ではありません。

 

それだけ医療の世界も日々進歩しているということになります。

 

 

 

そこで注目していただきたいのが、抜糸をしないタイプの包茎治療というものになります。

 

いままで抜糸が必要でしたので、手術後にもクリニックに通わなければいけません。

 

しかも、抜糸というものはやはりちょっとした怖さというものがつきまとうわけです。

 

そういった状況でクリニックに通わなければいけないということは、

 

どうしても避けたいと思う方も多かったわけです。

 

 

 

そこで抜糸をしないタイプの包茎治療ですが、実は糸が特殊なものになります。

 

もちろん、包茎手術をした時には、きちんと縫合されます。

 

その縫合に使う糸については、体内に吸収されやすいものになります。

 

ですので、抜糸をせずに済むということになります。

 

 

 

施術後はもうクリニックに行く必要がなくなりますので、

 

手間という点では非常に有利な存在になります。

 

 

 

ただ、抜糸しないタイプは手術の跡が残りやすいという指摘もあります。

 

その点については、

 

しっかりとクリニックの説明を受けてから安心して手術を受けると良いでしょう。